Rhythm Works blog

リズムワークスブログ

Patagoniaクリーネストライン

ディギンマガジンBCギア特集号の中のフィールドストーリー

「人の入り込む事のない山塊・高千穂平」での私目線でのサイドストーリーが

パタゴニアのブログ、クリーネストラインに掲載されています。

文章能力が低い私ですが頑張りましたので

お時間ありましたら目を通してみてください。

www.thecleanestline.jp

SOTOストーブ

f:id:asahiryuta:20161107191938j:plain
昨年の冬からSOTOのストーブを使用しています。

主に2機種使用しており、そのモデルやそのシチュエーション例を記載しますのでこれからストーブを買う方のご参考になればと思います。

風に強く寒さに強いストーブ

マイクロレギュレーターストーブ ウインドマスター

※上の写真、ゴトクはオプションを使用。

●使用シチュエーション:主に夏期 ※冬期は積極的に使う場面ではなく危急時用に。

●発熱量:2800kcal/h

軽量なのに使える。2016年の夏山では常にバックパックの中のストーブはこれでした。本体は69g。それに軽量化重視、危急時のみを想定した場合は付属のゴトク7gを。調理を想定した場合にはこの別売りオプションのフォーフレックス27gを。火力も夏山には十分な程。折りたたみ式でかっこよく、こんな事良く考えたな〜と思うまさにメイドインJAPANという感じの作りです。見た目もすっきりで2013年のグッドデザイン賞を受賞しているのも納得。

 

f:id:asahiryuta:20161107193246j:plain

そして世界が認めた新次元のガソリンストーブ

MUKAストーブ

●使用シチュエーション:冬期、または重量を気にしないキャンプ時など。

●発熱量:4000kcal/h 

ガス式の場合、寒冷下では徐々に出力が低下してしまいます。寒いなかで料理をと思っても、「火が点かない!」なんてことも。その点ガソリン式はジェネレーターを加熱して気化させる仕組みなので、寒冷地でも使用可能。寒さに強いことは、ガソリン式の大きなメリットです。そして火力が強い。ガソリンストーブの魅力は火力!火力が強いことで、水が沸騰する時間も短くすぐ調理ができます。特に冬期は雪を溶かし水を作ったりしますから寒い雪上での使用は火力の強いガソリンストーブを愛用しています。

f:id:asahiryuta:20161107192738j:plain

そしてご存知の方も多いと思いますが、こちらのMUKAストーブの売りはなんとプレヒートなし!プレヒートといえば予熱作業や使用後のメンテナンス、道具に対する愛着をいっそう深めるいわば「儀式」の一つで私もそれが好きで使用していました。

しかし、このプレヒート等の作業はストーブをずっと使うシチュエーションではよいのですが、ガスストーブのように火を止めたりまた付けたりという作業には不向きでした。が、このMUKAストーブはプレヒートいらずで付けたり消したりが非常に簡単に行なえるのです!ガソリンストーブのよい点である火力の強さと、ガスストーブの扱いやすさを併せ持つガソリンストーブ。以前は他社の信頼のガソリンストーブを愛用していましたが、このプレヒートなしの便利さ故に最近のメインはMUKAストーブです。

f:id:asahiryuta:20161107192656j:plain

以上個人的なレビューでございました。

 

2016年秋の立山バックカントリーのお知らせ

f:id:asahiryuta:20160920080849j:plain

昨年は小雪でしたが、最後はさすが立山と思わせるよいシーズンインを迎えさせてくれた2015年11月秋の立山BC。

2016年立山はどうでしょう、ラニーニャの今年は期待できるのではないでしょうか?

今年の開催スケジュールが既に決定しています!
立山バックカントリースケジュール                   
1泊2日11/19~20、11/21~22、11/23~24、11/26~27、11/28~29
2泊3日11/19~21                    
テールガイドにはニッシーこと西野入洋良も参加!

立山バックカントリー|RhythmWorks|リズムワークス

立山でシーズンスタートを迎えましょう〜

f:id:asahiryuta:20160920080924j:plain

f:id:asahiryuta:20160920081035j:plain

Fall Line 2017 vol.1

f:id:asahiryuta:20160917153717j:plain

「Fall Line 2017 vol.1」が発売されました。
誌面には弊社ガイド旭 立太、水間 大輔も登場しております。
36 hrs in the Paradiseー白川郷・第二章では旭立太が昨年に引き続きゲンテンライダー鈴村新と白川郷アルパインエリアでの様子を。
立山SpringSessionーでは水間大輔が、また滑り手の装備 選択とその理由ーでは登高ギアについて旭 立太が自身のギアについてコメントしております。
2ヶ月後の立山ではいよいよ2017シーズンが始まります。
立山BCガイドはこちら↓

立山バックカントリー|RhythmWorks|リズムワークス


冬に向けて気持ちを上げて行きましょう!

DIGGIN' MAGAZINE "BACKCOUNTRY GEAR BOOK"

f:id:asahiryuta:20160817193815j:plainDIGGIN' MAGAZINE SPECIAL ISSUE
"BACKCOUNTRY GEAR BOOK"

バックカントリーギア特集号の中のフィールドストーリー「人の入り込む事のない山塊・高千穂平」に登場させていただいておりライディング写真を掲載していただいております。また発売以来愛用しているSPARKシリーズ。1シーズン履き込んだDEELUXE/SPARK SUMMITについてレビューを書かせていただきました。voltage designのスプリットボード4モデルも登場していたり、勇介君のギア考察、色々な方の使用ギアなど魅力的な内容となっています。

f:id:asahiryuta:20160817193832j:plain2016年8月16日発売。
※一部のスノーボードショップでは既に発売中。

今冬に向けて徐々にイメージしていきましょう!

最北の名峰・利尻山へ

f:id:asahiryuta:20160622080512j:plain
利尻島礼文島へ。1番の目的は名峰・利尻山への登山でしたが、日本最北端の島への旅。まさに気分は海外旅行でした。

f:id:asahiryuta:20160628194340j:plain

海の青と空の青、山の緑に残雪の白。北国固有の高山植物と360度海に囲まれたそのロケーションは本当に素晴らしいです。お客様と一緒にいいですね〜を連呼していました。このハクサンイチゲに似たお花は、エゾノハクサンイチゲ。四国にはシコクイチゲがありますね。

f:id:asahiryuta:20160628193304j:plain

宿はペンション・レラモシリさんに3泊しました。毎晩の美味しい食事の提供、登山口や空港、フェリー場への送迎もしてくれます。

オーナーはガイドである、渡邊敏哉さん。この敏哉さんが書いた利尻花登山を山に持っていきましたが、登山道の特徴やお花の名前を調べるのに非常に便利でおすすめです。

f:id:asahiryuta:20160628195226j:plain

ローソク岩。山頂付近で、霧に包まれてしまいました。島田ガイドが数年前に冬期登攀していた記憶があります。

f:id:asahiryuta:20160628195413j:plain

ちょっぴり残雪もありましたが、今回はアイゼン等を使う程度ではなかったです。

利尻山登山の注意点ですが、行動時間が10時間近くになりますので水分とエネルギー補給をしっかりと。体重x行動時間x5mlの水分補給をするにはハイドレーションがおすすめです。また携帯トイレの携帯、トイレブースでの使用が義務づけられています。事前の準備と、使用場所の確認を。

f:id:asahiryuta:20160628201801j:plain

無事、利尻山へ登った翌日は礼文島でフラワートレッキング。

礼文島、私も初めてでしたがこちらも素晴らしいロケーション。礼文岳への登山から、8時間程のトレッキングルートなどバリエーション豊かなルートが楽しめるようです。

f:id:asahiryuta:20160628202024j:plain

海に浮かぶ…絶景です。

f:id:asahiryuta:20160628202305j:plain

利尻島をバックに。

f:id:asahiryuta:20160628202607j:plain

島内散策。糠ほっけという物を購入いたしました。美味でした!

ここの商店では、おやじさんが漁に出て自分で作っているらしいです。沢山買い物をしたら、なんとフェリー乗り場まで車で送ってくれました。

登山目的で目的地へと出かけ、その土地の文化や温泉、食など、山歩きだけでなく色々な物を楽しめるのも登山の魅力ですね。

実技講座 鎌ヶ岳と御在所岳

ステップアップスクール・旭塾  

今より楽に!頑張らない山での歩き方

実技講座 鎌ヶ岳と御在所岳

f:id:asahiryuta:20160613172747j:plain

<山行の特徴>

鈴鹿マッターホルン、鎌ヶ岳。岩場あり、鎖場ありの最短急登ルートで頂を目指します。 御在所岳へは荷物を軽量化し、鎌ヶ岳の登り下りで学んだ技術を実践し、スキルアップを体感し ます。

開催日:2016年7月9日(土)

集合:09:00 近鉄湯の山温泉駅

※マイカーにて直接登山口に集合も可

解散:16:00 近鉄湯の山温泉駅

参加費:9,000円

持ち物:日帰り登山装備一式、空の水筒2L分、あればトレッキングポール

行程:菰野駅〜武平峠〜鎌ヶ岳〜武平峠〜御在所岳〜武平峠〜菰野

歩行時間:4時間00分

25000分の1地形図:御在所山、伊船